2014年1月27日月曜日

2014.01.26(sat) ゲームインパクト広島 レポート

1/26(日)、広島YMCAホールで開催されたレトロゲームミュージックイベント『ゲームインパクトイン広島』に「DJプロデュース」という自分でもよく分からないポストで参加してきましたよ。


以前イベント関係者の方が魔Qイベントのスタッフをやってくれた縁で声かけていただきました。最初は僕自身がDJをする話だったんですが、レトロゲームに特化した内容ということだったので、より適任なタカウケさんしゅれさんを紹介することに。(公式に書いてある「スケジュールの都合で出演しない」は誤りですよ!最初から最後まで現地にいましたし)

これまでも他所のイベントのブッキング協力したことは何度かあるんだけど、それが公式に表に出てたのは初めてかも。出演者と同じように名前載せてもらったり、なんか気を遣って頂いてありがとうございました。ちょっと照れ臭いところもありました。

ゲストは、ファミコン実機で演奏するNES BANDと、ゲーム音楽を多く手掛けている作曲家の国本剛章さん(国本さんが音楽を手掛けた「チャレンジャー」持ってたよ…)で、500人くらいの中ホールが会場だったのもあって、雰囲気は完全にコンサートという感じでしたね。イベント前は「ゲームミュージックのイベントなんだからアイマスとかギャルゲとか艦これもかけてよー」とDJの二人に無責任に言ってたのですが、いざイベントがスタートするととてもそういう雰囲気ではなかったです。年齢層も高めだったし、お客さんが何を期待しているのか、いつも以上にひしひしと伝わってくる感じありました。

あと、こういうイベントでは、DJは転換時のBGM担当くらいの扱いになることもある(実際にPAさんはそのように勘違いしていたっぽいし)のですが、今回はきっちり枠を取ってもらっていて、そこは有り難かったです。これって当たり前のようで当たり前ではないので。それから、SUNMALL LIVE ON RADIOパーソナリティの渡部さん、にかもとさん、広島オタクマップの川崎さんとか、ローカルのテレビ、ラジオ、ウェブ界隈で活躍してる皆さんが大勢関わってて、そこは企業主催のイベント感ありました。魔Qイベント以降そういうイベントに呼ばれる機会も増えて、所謂業界の方と微妙に顔なじみになってるのが自分でも不思議なのですが。

イベント中、僕はほとんど客席にいたのですが、着席してDJを聴くのも良いですね。「踊る」という行為に占める足腰を使ったフィジカルな要素の割合って案外低いのかも。世間では頭で踊ることを否定する風潮あるけど、自分はそうは言い切れないなと。あと、全体的な印象として、好きな人は好きなイベントって言い訳っぽく使われる口上でもあるんだけど、今回は良い意味でその言葉がハマったイベントだったなと。お客さんが満足してるの見てて伝わってくる感じあったし。アニメやニコニコ動画に比べると、レトロゲームに限定したイベントってかなりニッチだと思うんだけど、それでもあの規模のイベントが開催されるのを見ると、ニッチな内容だからといって別にコソコソやる必要なんてないんだよなーと感じたのでした。広島にはよりクラブに特化したゲームミュージックのイベントとして「チキンナイフ」もあるし、これからもっと盛り上がっていくと良いですね。主催の天の声さん(みんなそう呼んでるので…)本当にお疲れ様でした。








0 件のコメント:

コメントを投稿