2015年1月7日水曜日

2014年よく聴いたもの

2014年よく聴いたものまとめたよ。年末にやりたかったけど忘れてた。


STAR☆ANIS - CUTE LOOK

悠木碧 - ビジュメニア / クピドゥレビュー

St. Vincent - St. Vincent

FKA Twigs - LP1

Taylor Deupree - Lost & Compiled

Illuha - Akari

Herbert - Part 6

Scott Walker + Sunn O))) - Soused

Susanna / Jenny Hval - Meshes of Voice


去年も同じようなこと書いてるけど、最近は好きなものしか聴かなくなったという気が。好きかもしれないものを探す気力ゼロ。このリストの中に2014年に新たに存在を知ったものが一つもないという現実。もしDJを辞めたらこの傾向さらに加速しそうで怖すぎ。誰かおもしろいものを教えて下さい。

2014年に自分がよく聴いたものを並べてみると、エクスペリメンタルな音楽は、アルカを中心に左にイェニー・ヴァルとサン、右にソフト・ピンク・トゥルースとマシュー・ハーバート、デーモン・アルバーンなんかがいて、相変わらずドローン/ノイズとワールド/ハウスミュージックばかり追いかけていたなと。フライング・ロータスやエイフェックス・ツインの新作も出たけど、結局よく聴いたのはアルカ関連の作品でした。今はビョークとアルバムを作ってるらしいし、2015年もこの流れは続くんだろうな。ビョークのこのミーハーさは相変わらずだと思うけど、アルカが本家と組んでしまったら、次世代のビョークなんて言われてるFKAツイッグス(個人的にはアリーヤと被るんですが。何故だろう)は一体どうなっちゃうんでしょ。

アニメ関連はDJやテレビではなくリスニングとしてアイカツと悠木碧をよく聴きました。HMV広島店でレコメンドのコメントも書いたな……悠木碧のアルバム楽しみ。アオハライドの「世界は恋に落ちている」、天体のメソッドの「星屑のインターリュード」、四月は君の嘘の「光るなら」とか、言葉でうまく説明できないけど、これ原曲じゃなくてどっかの歌い手のカバーじゃないのかっていう、「いかにもニコニコ動画で流行ってそうな曲」が増えてて、中にはまったく好きになれないものもあるけど、テレビやイベントで聴いて耳に残る曲はそういうものが多かったりするから不思議だよ。ただ慣れたのかもしれない。

あと、完全に番外だけど、87年の鈴木さえ子『スタジオ・ロマンチスト』の再発は嬉しくてよく聴いたよ。アンディ・パートリッジのプロデュースで、時期的には『Skylarking』と『Orange & Lemons』の間。この頃にソロ作やバンドの別名義でのリリースもあって、ものすごい仕事量だったんだなーと。長らく入手困難だったので、リマスター&リイシューは嬉しいです。ここまで一体何年かかったんだろう…

鈴木さえ子 - スタジオ・ロマンチスト(1987年)

0 件のコメント:

コメントを投稿